Sample Company

活動報告

リーガロイヤルにてエッセイ講座実施しました

金真須美2018年10月・11月・12月に各月1回合計3回セットで開講しました。
文章の組み立て方などエッセイを書くためのコツやポイントを指導し、一つの作品を仕上げる講座でした。


【開催レポート】リーガロイヤルホテルのレクチャーサロン「リ-ガクラブ」

朗読コンサート 2017
~ 名作朗読から生きる力を ~

2017年11月28日火曜日 13:30~15:00 受付13時~
たくさんの方にご来場いただき、ありがとうございました。

講演実績

●皆様のご感想(抜粋)
「朗読は以前から興味を抱いていました。金先生も美しくジョークも楽しく満足でした。できれば朗読チャレンジしてみたいところです。言葉の奥深さを再認識しました。」(女性)
「2回目の参加です。今回も舞台劇のように心に響く朗読でした。また情熱的なところが素晴らしかったです。」(男性)
「『春香伝』熱演で圧倒される思いでした。『有難う』勉強になりました。」(男性)
「韓流ドラマファンとしては、金先生の『春香伝』が心に響きました。詩から生きる勇気をいただきました。有難うございました。」(女性)
「はじめて参加させていただきました。大変感動しました。『朗読』でしたがお芝居を見ている感じがしました。ありがとうございました。」(女性)

リーガロイヤルホテルのレクチャーサロン「リ-ガクラブ」

朗読コンサート 2017
~ 名作朗読から生きる力を ~

金真須美 2017年11月28日火曜日 13:30~15:00 受付13時~
大阪は茨木市出身 川端康成の『掌の小説』は美しく清らかな短編集です。映画にもなった事のある名作『有難う』等を、ピアノの調べとともにお楽しみください。韓国の古典文学の傑作「春香伝」とともに、愛と祈りをテーマにお届けします。
力強く深みのあるピアノ独奏「英雄ポロネーズ」もご堪能ください。

[講師]金 真須美(作家)
    茗荷 秀俊(元劇団神戸)
    福原 素子(ピアニスト)
[会場]ペリドット(ウエストウイング2 階)
[料金]一般¥3,100、リーガクラブ会員無料
    同伴ビジター・講師紹介¥2,100
    (いずれもお一人様、税込み)
詳しくはこちらのPDFをご覧ください。→ [パンフレットPDF(363kb)]


FM千里で朗読番組が始まります。

毎月第3火曜日 18時~
FM千里で金真須美が名作を朗読する番組が5月から始まります。
詳しくは、FM千里のホームページをご覧ください。


「名作朗読を楽しむ」

名作の朗読は人々を励まし、時に勇気を与えます。
朗読を通して名作の世界に深く触れ、その魅力をいっしょに味わいましょう。

2017年5月27日から毎月第4土曜日に開催 13:30~15:00
「名作朗読を楽しむ」 「父の詫び状」(向田邦子)、「走れメロス」(太宰治)などを取り上げる予定です。

会場:淀屋橋マスターズ情報館
(大阪市中央区伏見区4-2-14、WAKITA藤村御堂筋ビル地下1階、地下鉄淀屋橋駅8番出口すぐ)
定員:30人


リーガロイヤルホテル・ペリベットの間

朗読コンサート 愛の物語をピアノの調べにのせて

金真須美 2016年11月29日火曜日 13:30~15:00
新劇の女優、松井須磨子の生き様は強く、逞しく、一途なものでした。イプセンのノラ役で新しい女性の生き方を世に問い、須磨子自身も役柄のように情熱的に時代を生き抜きました。須磨子は、実はこの後に恩師、島村抱月の後を追いますが、今回は彼女が逞しく生き抜くようにリライトしています。
辛さから立ち直り再生する彼女には、ビアソラのリベルタンゴを挿入歌としています。
テーマ曲「カチューシャの唄」をはじめ朗読とピアノの調べで秋のひと時をお楽しみください。

[朗読]金 真須美(作家)
[朗読]茗荷 秀俊(元劇団神戸)
[ピアノ]野村 友佳(ピアニスト)
[脚本]山路 洋平
(日本脚本家連盟員、日本放送作家協会会員)


大阪自由大学 公開サロン 「朗読を楽しむ ~太宰治の読み方~」

梅田でちょっと寄り道して知的な語らいを楽しみませんか
大阪自由大学 公開サロン

大阪自由大学 公開サロン 「朗読を楽しむ ~太宰治の読み方~」 2016年11月26日 14:00~16:00
梅田でちょっと寄り道して
知的な語らいを楽しみませんか

会場:大阪ガスエネルギー文化研究所都市魅力室会議室(グランフロント大阪ナレッジキャピタルタワーC713号)
定員:30人(先着順)

ゲスト:金真須美(作家)
聞き手:大阪自由大学 学長


違いを認めて共生の道を

~音楽と朗読で味わう~

2016年8月20日 14:00~16:00
違いを認めて共生の道を私の好きな作家のタイトルに、「ささやかだけれど役に立つこと」というタイトルがあります。この言葉は、私の座右の銘でもあります。この8月20日、久しぶりに人権講演会にお招きを頂きました。ピアノと朗読で自作の「新版・ブレーメンの物語」を行い、韓国の古典名作「沈清伝」をオーケストラで演じました。お客様をお見送りするとき、皆様が足を止め、笑顔でお声掛け下さり、大変嬉しく思いました。アンケート結果も頂きましたので、アップすることにいたしました。芸術と人権、一見無縁に感じられるかもしれませんが、力強い言葉や美しい音楽が人々の琴線に触れたことで、私も励みを頂いたお仕事となりました。自作の朗読で新しいスタイルの講演会をしたいとお招きくださった舞鶴市の行政、また市役所の職員の皆様にも心から感謝しています。

会場:舞鶴市商工観光センター5F コンベンションホール

※本朗読コンサートのご感想とアンケートがPDFにて、こちらからご覧いただけます。


リーガロイヤルホテル・ペリベットの間 朗読コンサート

自由と挑戦 ~新版・ブレーメンの物語~

2015年9月25日金曜日 13:30~15:00
金真須美 ●自由と自立
人生に疲れたロバ、更年期のニワトリ、マザコンの犬、シャンソン歌手を夢見て故郷を捨てたネコ…
この四匹が人生の後半の坂道を共に励ましあいながら、再び夢を求めて歩き出す大人のためのブレーメンの物語。
力強いピアノ演奏と共にお楽しみください。

講師:[脚本・朗読]金 真須美(作家)
[朗読]茗荷 秀俊(元劇団神戸)
[ピアノ]野村 友佳(ピアニスト)


リーガクラブ朗読コンサート

近松の名作「おさん茂兵衛」をクラシックギターの調べで

2014年 11月25日火曜日 13:30~15:00
リーガクラブ朗読コンサート 近松門左衛門の浄瑠璃「大経師昔暦(だいぎょうじむかしごよみ)」は新暦を一手販売する京の大経師の女房おさんと手代の茂兵衛の密通事件を題材にした物語。文楽や歌舞伎の人気演目です。このお話を新解釈で現代風に脚色した朗読劇をクラシックギターとともにお楽しみください。


第五回 根来寺  ほたると灯りのコンサート

リーガクラブ朗読コンサート 2014年6月21日
名作文学を音楽とともに楽しむ夕べ「沈清伝(シムチョンジョン)」

2014年6月25日 わかやま新報 記事より
沈清伝(シムチョンジョン)


<第9回> 春の語り芸

美しく 沁みる 朗読の節芸の語りの魅力

春の語り芸 2014年4月4日
岩佐 光世「粋人」
金 真須美「沈清伝」
春野 恵子「両国夫婦花火」


名作から生きる力を

2012年9月4日
名作から生きる力を ともすれば人への信頼が薄れゆく昨今。
向田邦子のエッセイ「父の詫び状」や太宰治の代表作「走れメロス」は生きる力を与えてくれます。
明るく楽しいクラシックの調べに乗せて名作の朗読をお楽しみください。

[朗読]金 真須美(作家)
[ヴァイオリン]板谷 真以子
[ピアノ]森玉 美穂


大阪市立愛珠幼稚園にて

2011年6月4日
名作から生きる力を 大阪市立愛珠幼稚園にて朗読コンサートをさせていただきました。

[朗読]金 真須美(作家)


贋ダイヤを弔う

第十二回大阪女性文芸賞受賞作品

贋ダイヤを弔う 1995年11月18日
韓国人と偽って結婚した夫…
父が送ったダイヤは贋だったと、死後十三年を経て解った…。
原作:金 真須美
演出:洞口ゆずる


実績を動画で紹介

・テレビでも教育論などについてお話ししています。

・ドレス姿で文芸作品の朗読・講演会を多数行っております。


※掲載新聞雑誌等もご紹介しております。

お電話でのお問合せ
講演に関するご質問・お問合わせは、以下にお電話ください。
090−9984−8222